買う前に注意しておきたい格安SIMの落とし穴3つ

格安SIMの落とし穴
携帯代を抑える為に格安SIMと契約を考えている人は多いと思いますが、契約する際には注意しておきたいポイントもあります。

ポイントと言っても速度や通信量、月額料金の支払い方法等いろんなポイントはありますが中でもこの3つだけは契約する前に必ずチェックした方がいいポイントです。

決済方法

大手キャリアの場合はクレジットカード決済に加えて口座振替や請求書支払い等クレジットカード以外の決済にも対応しています。

しかし格安SIMの場合は大手に比べると決済方法に限りがある、特にクレジットカード決済にのみ対応しているのが殆どでクレジットカードを持っていない人からすると決済面で不便になります。

ネット上では月額料金支払いのデビットカードを使って決済している声も見られますがこの方法は裏技みたいな物で正式に許可された物ではありません。

中には過去にはデビットカードで支払っていたのが格安SIM会社にバレてデビットカード決済している疑いのあるユーザーはクレジットカードへ切り替えか解約かの二択に迫られたケースもあります。

しかし楽天モバイルやOCNモバイル等一部の格安SIMではクレジットカード以外にもデビットカードや口座振替にも対応している会社もあるので全部がクレジットカード決済しか対応していない訳ではありません。

クレジットカードを持っていなくて会社に拘りが無ければクレジットカード以外でも決済出来る格安SIMを先に見つけておいてから選ぶといいでしょう。

設定

格安SIMが手元に届いたら自分で設定しないといけません。

キャリアショップだと機種変や新規契約の際にSIM設定もしてくれる事もあるので自分で行う必要はありませんが格安SIMの場合は大半がネットからの注文で手元に届いたら自分で設定しないとSIMを端末に差し込んでも使う事は出来ません。

幸い設定方法に関してはSIMカードが送られた来た際に付いてくる包装や格安SIM会社のHPに書かれているのでスマートフォンや機械にあまり詳しく無い人でもそれらを参考にしながらSIMの通信機能を有効化出来る様に設定出来ます。

キャリアサービス

大手キャリアだとキャリア決済等のキャリアサービスが用意されていますが格安SIMの場合は不可能です。

格安SIMはドコモやau等大手キャリアの回線は借りて運用されています。しかし回線は同じと言うだけであり基本的には別会社です。

値段の安さだけに釣られて解約して格安SIMに契約してもキャリアサービスが使えないのに加えて大手キャリア自体のデータやポイント等も引き継がれません。

安いと言うだけで飛び込む前にまずは格安SIM自体の事は必ず調べておくのが一番大事

格安SIMは使い勝手はそのままに値段がとても安くて今では欠かせない存在となりましたが安い分大手ではやってくれた様な事もやってくれない事もあるので値段の安さだけで飛びつく前に下調べをしてから契約をする様にしましょう。

【参照】格安sim入門!料金や通信まとめ