脱毛サロン「銀座カラー」では全国51店舗どこでも通えるって本当?

脱毛サロンに通っていると、予約が取れない、スタッフの態度が悪い、施術がへたくそなどの理由から、「店舗変更」をしたくなることがあります。

しかし脱毛サロンによっては、店舗変更ができない、他のお店に通うことができないという場合もありますから、注意が必要です。

それでは、全身脱毛し放題コースが話題の銀座カラーはどうなのでしょうか。どの店舗にでも通えるのでしょうか。

気になりますよね。そこで当記事では銀座カラーの店舗変更の可不可についてお話ししたいと思います。

店舗移動はできない?銀座カラーの店舗変更について

予約の取りにくさやスタッフの態度、技術に不満を抱きつつも、お金がもったいないので我慢して通う、こういった状況に立たされることを防ぐには、店舗変更が可能な脱毛サロンに通うしかありません。

では銀座カラーはどうなのかというと、移動は可能となっております。手続きも簡単で、公式サイトのマイページ(契約後マイページが使用できるようになります)にログインし、予約画面で、脱毛したい部位を入力。

すると各店舗の空き時間が表示されるので、好きな店舗に予約を入れてください。銀座カラーでは、店舗変更の手続きは不要で、空いているお店ならどこでも利用できるのです。

全国51店舗

銀座カラーは全国に51店舗展開されております。

北海道、岩手、宮城、東京、埼玉、千葉、神奈川、栃木、茨城、群馬、新潟、石川、静岡、岐阜、愛知、大阪、兵庫、広島、福岡

に店舗があります。銀座カラーというだけあって、最も店舗が多いのは東京です。銀座本店を含む18店舗が展開されています。

その18店舗から通うお店を好きに選べるわけですから、都内在住の方にとっては非常に利便性の高いサロンだと言えるのではないでしょうか。

店舗変更自由の利点

店舗を自由に選べるのは、非常に大きなメリットであるといえます。転勤や進学で地元を離れる場合にも、脱毛を続けることができますし、新しい店舗が気に入らなければ、また変更することができますからね。

お気に入りの店舗を離れるのは寂しいことです。そのうえ移動先の別店舗に、態度の悪いスタッフがいたりすると尚更、嫌な気持ちになりますよね。

しかし銀座カラーなら大丈夫。もし態度の悪いスタッフや、「当てもれ」の多いスタッフがいても、店舗を変更すれば、もうその人に悩まされることはなくなります。

また、口コミなどを見て、予約の取りやすいお店や、態度の良いスタッフの揃っているお店を選んで通うことができる、お気に入りのお店を探せるというのも、銀座カラーに通うメリットでしょう。

過去に嫌な思いをしたことのある人は、銀座カラーのような気軽に店舗変更のできる脱毛サロンがおすすめです。

予約の注意点

お店に予約を入れたはいいけれど、ネットで調べたら、その店はスタッフの態度が悪いというので有名だった。だから別店舗に予約し直したい。これももちろん銀座カラーでは可能なことなのですが、注意していただきたいのは、予約変更の時間帯です。

予約変更とはつまり、一つの予約を「キャンセル」して、別の予約をするということ。キャンセル料が掛かってしまう可能性があるのです。

銀座カラーでは、脱毛前日の19時以降に予約変更をすると、キャンセル料2,000円(全身脱毛コースのみ)が徴収されるほか、回数を1回消化した扱いになってしまいます。

たとえば残り回数が3回なら、あと3回受けられるはずだった脱毛が、残り2回になってしまうということです。

これは非常にもったいないので、できれば予約を入れる前に、そのお店についてリサーチした方が良いでしょう。

まとめ

以上、銀座カラーの店舗変更についてお話しいたしました。同サロンでは気軽に予約変更が可能で、スタッフの態度の悪いのを我慢して通い続けるようなことは避けられます。

ただし予約を変更する場合にはキャンセル料等が掛かってきますから、ご注意ください。