初めてのランドセル!きになる価格や違いは?

ランドセルの相場
初めてのお子さんが急にランドセルが必要になってくる時期は突然やってきます。そんなときに、普段気にしていないと、高っ!と驚かれる方も多いかと思います。

無理もありません。普段気にもしていませんから。高いにしても、どういう違いがあるのか?そういったことを知るだけでも、大きく考えは変わると思います。

そこで、今回ははじめてランドセルの購入を検討している方へ向けて、ランドセルの一般的な相場とそれぞれの違いについてご紹介します。ぜひ、こちらの記事を参考に、納得のいくランドセル選びをしてくださいね!

ランドセルの一般的な相場は?

ランドセルの相場は、平均すると、4〜5万円であるところが多いようです。安くても、2万円ほどで、高いもので、6万円を超えていきます。

ランドセルというのは、子供が小学生の期間6年間も使うものだと考えれば、大人が買ってすぐにダメにするバックよりよっぽど安いと思いますけどね。それだけ、丈夫なものを選ぶことをおすすめします。

この価格の差というのは、色やデザインはもちろんのこと、大きく関わっているのが素材の部分です。

例えば、一般的に天然の皮で作られたものよりも、人口の皮で作られたものの方がリーズナブルです。
素材が悪いからと言って、ダメなわけでもないので、あとは子供とお財布と相談ですね!

それぞれの違いは?

先ほども述べましたようにランドセルの違いを左右するのは素材の部分です。ランドセルに使われる素材として、クラリーノ(人口皮革)、牛革、コードバン(馬革)の3つが挙げられます。

クラリーノは丈夫で、軽いのが特徴です。雨などにも強いので、迷ったらこちらがおすすめです。牛革は、革の雰囲気が出やすく、高級感が溢れる素材になります。水に弱く、価格も少し高くなってしまいますが、人と違うものが良い方にはおすすめです。

最後に、コードバンは牛革よりも高級な革になっていて、滑らかで、傷にも強いです。より、魅力的に個性派という方にはおすすめの品です。

まとめ

いかがでしたか?ランドセルというのは、素材の違いによって、値段が分かれていて、それぞれに良いところがあるということが理解いただけましたか?

子供も見た目のかっこよさや可愛さで選びたい気持ちもあると思いますので、それも考慮しつつ、この記事を参考に、よりあなたにあったランドセルが見つかることを祈っています!