仮想通貨とはどのようなものなのか?ビットコインとアルトコインまとめ

仮想通貨とは
最近「仮想通貨」という言葉をよく耳にします。仮想通貨という言葉にいまひとつピンと来ないという方でも、「ビットコイン」という言葉は何となく聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

現金と同じように今様々なシーンで仮想通貨が使用されていますが、

「そもそも仮想通貨とは何なのか」
「仕組みが分からない」

という方のために、仮想通貨の基本をご紹介します。

仮想通貨とは何か

私たちが普段使用しているお金は、目に見える形で存在しています。それに対して仮想通貨はその名の通り「仮想」の「通貨」であって目に見える形では存在していません。

インターネット上のみに存在し、様々なサービスに利用することができます。

仮想通貨として認知度が高いのが「ビットコイン」です。それ以外にも仮想通貨は数多く存在し、現在1000以上もの仮想通貨が存在するとも言われています。

また、その価値も急速に上がっています。

管理者がいないというのが最大の特徴

仮想通貨の最大の特徴は、管理者がいないという点です。元々私たちが利用しているお金は日本銀行が発行し管理を行っています。

これに対して仮想通貨には管理をする存在がありません。

例えばビットコインに関しても管理者はいませんが、「いつどこでどれくらいビットコインが使われたか」というデータベースを持っており誰もがその内容を見ることができます。

このデータベースは常にビットコインの利用者によって監視されており、そしてこの監視の対価としてビットコインがご褒美に貰えるようになっているため、厳しい監視が可能となるのです。

世界中どこでも簡単に取引ができる

ビットコインのような仮想通貨は、世界中で使用されています。円やドルのように通貨単位が異なると、実際取引をするには複雑な工程を踏まなければなりません。

仮想通貨はどこの国においても通貨のような単位の違いがありません。そのため取引も簡単に行えます。

実際、仮想通貨を売りたい人、仮想通貨を買いたい人が集まって取引を行う場が取引所です。

取引所では手数料を払って仮想通貨の売買が行われます。取引時に手数料は掛かりますが、より効率的に売買を行うために取引所の存在はとても大きくなっています。

送金がスピーディーで送金手数料も安い

実際に使用するお金の場合は日本銀行という管理者がいるため、日本から海外へと送金する際には高い手数料が発生します。

しかしビットコインなどの仮想通貨は管理する人が居ないため、送金時の手数料が非常に安くなります。

そして仮想通貨は日本でも海外でも共通に使用されているので、送金もスピーディーに行えます。

仮想通貨と電子マネーは何が違うか

仮想通貨も電子マネーも、通貨の代わりとして利用できるという意味では同じですが、その性質は全く異なります。「仮想通貨=電子マネー」ではありません。

電子マネーは目には見えないという点では仮想通貨と同じですが、日本銀行が発行元の「円」が基本になっており、通貨の枠を飛び越えることはできません。

電子マネーは現金をチャージ(預け入れ)し、そこから小出しに使用するいわば「お財布」の役割を果たすものです。

仮想通貨のように、世界中において通貨と同じ役割を果たすものではないのです。

仮想通貨とポイントは何が違うか

仮想通貨の特徴まとめ
ポイントも通貨の代わりとして利用できるという意味では仮想通貨と同じ代替通貨の役割を果たし、一定の決められた場所でしか使うことができないというのは仮想通貨と同じではあります。

しかし仮想通貨が売買や譲渡が可能であるのに対し、ポイントには売買や譲渡は認められていません。

また、ポイントは利用すると消失するのに対し、仮想通貨は使用をしてもその存在自体はなくなりません。新たな流通として仮想通貨の流れが生まれます。

仮想通貨にはこのように利便性が非常に高いものです。円やドルのような差異がないので世界各国で制限なく利用できます。

そして売買も可能であることから、現在高値での取引も行われているのです。仮想通貨はこれからさらに注目を浴び、流通もより多くなることでしょう。